えごま油や亜麻仁油は妊婦が飲むと危険?妊娠中の摂り方は?

えごま油と亜麻仁油には、妊婦に必要な栄養素オメガ3が含まれているものの、
妊娠中や授乳中には、飲まないよう指示する医師がいます。
妊婦が飲むのは危険なのか?安全な摂り方はないのか?詳しくお話します。

スポンサーリンク


妊婦がえごま油や亜麻仁油を飲む必要性について

妊婦になり、お腹の子のためにも必要な栄養を摂りたいと考えていると、
葉酸やオメガ3といった栄養素にたどりつくことがあります。
妊婦の画像

このオメガ3は、青魚に多く含まれるDHAやEPAといった脂質で、
妊娠中に不足すると、早産の危険が高まると言われています。

食べ物の場合、青魚を半身以上食べれば、必要なオメガ3は摂取できます。

しかし、青魚を毎日食べ続けるのは、金銭的にも難しい場合が多く、
最近では、オメガ3が摂りやすいえごま油や亜麻仁油が注目されています。
亜麻仁油とえごま油の画像

えごま油や亜麻仁油ならば、1日の摂取量も少なく、
妊娠中・授乳中の場合は、年齢関係なく3.6gが目安量となっています。
※詳しくは、えごま油と亜麻仁油の1日の摂取量を年齢別で調べてみた

そのため、妊婦になってから「摂りたい」と思う人も多いのです。

しかし、医師から、妊娠中の摂取は控えるよう指示された妊婦さんがいます。

その理由を、続けて詳しくお話します。

酸化した油を飲む危険性、リグナンは早産の危険も!

妊婦にえごま油や亜麻仁油をおすすめする情報もあるなか、
飲まないよう指示する医師がいるのは、なぜなのか?

その主な理由は、酸化した油を飲んでしまう危険があるためでした。
小さじ1杯の画像

えごま油も亜麻仁油も、熱にとても弱く、
開封後の常温保存や、長期保存でも、酸化する危険があります。

酸化した油を飲むことは、体に悪いことはもちろん、
お腹の子にも悪い影響を与える可能性があります。

また、亜麻仁油に含まれるリグナンには、早産のリスクがあると言います。
※詳しくは、亜麻仁油のリグナン効果と副作用は?食べ物と含有量も比較!
危険の画像

しかし、リグナンは妊婦に良い成分だと考える医師もいるため、
医師の中でも、賛否が分かれているのが現状です。

使い方や保存方法に気を付ければ、効果的に摂取することもできそうですが、
えごま油も亜麻仁油も、妊娠中に飲む場合は、医師に相談するのが安心です。

妊婦でも安心!安全な摂り方おすすめは「サプリメント」

えごま油や亜麻仁油を、医師と相談しながら摂るのも良いですが、
安心してオメガ3を摂るならば、サプリメントがおすすめです。

妊婦におすすめされている栄養素、葉酸をサプリで摂っている人も多いですが、
オメガ3も、サプリで摂るのが、1番安全な摂り方だと思います。
ハグラビの画像

サプリメントならば、酸化する危険性も少ないだけでなく、
毎日無理なく、簡単に飲み続けることができます。

えごま油や亜麻仁油を配合したサプリメントはたくさんありますが、
今回は、私が妊娠中に飲んで良かったサプリをご紹介します。

赤ちゃんとお母さんの健康を考えて作られた「ハグラビ」です。
ハグラビの画像

体に吸収されやすい高品質のDHAエキスが配合されているだけでなく、
33種の美容成分がつまったマリンプラセンタも配合されています。

妊婦の時はもちろん、授乳中にも安心して飲むことができることも人気の理由で、
大きくなってきたら、子供と一緒に飲むこともできます。

亜麻仁油サプリメントおすすめ人気ランキングでも1位となっているので、
妊婦の方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す