しそ油とえごま油と亜麻仁油を比較!違いを調べてみました

しそ油とえごま油、そして亜麻仁油は、比較されやすい油ですが、
実は名前が違うだけで、中身は変わらない油もあります。
効果や成分の違いも含め、詳しく調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク


しそ油とえごま油の違いは、何もない?

えごま油がほしいと思い、楽天やamazonで検索をしていると、
検索結果に「しそ油」がでてくることがありませんか?

スーパーでも、えごま油の陳列棚で、しそ油を見かけたことはありませんか?

商品名が違うのに、なぜ?と思った私は、しそ油を調べてみました。

すると、えごま油としそ油は、商品名が違うだけで、
中身は同じ油だということがわかりました。
しそ油の画像

つまり、効果も成分も全て同じ。えごま油=しそ油だったのです。

ちなみに、シソ科の植物であるエゴマの種子から作られた油なので、
どちらの名前も、原料が由来となっています。

シソ科、または、エゴマの種子、どちらを重視したかの違いです。

そのため、しそ油とえごま油の違いは、何もないのです。

しそ油とえごま油、亜麻仁油との違いは?

しそ油とえごま油は、商品名に違いがあるだけで、
中身はまったく同じものだとわかりましたが、亜麻仁油はどうでしょうか?

調べてみたところ、亜麻仁油との違いは、原料の違いがある他、
味、香り、有効成分にも違いがあることがわかりました。
関連記事:亜麻仁油とえごま油を比較!違いはないの?選ぶポイント
アマとエゴマの写真

味と香りについては、メーカーによって違いがあり、好みの問題もあるため、
しそ油、えごま油、亜麻仁油のくくりで差をつけることは、難しいです。

そうなると、気になるのは成分の違いですよね。

注目すべき違いといえば、しそ油とえごま油にはルテオリン、
亜麻仁油には、リグナンという成分が含まれている点だと思います。

ルテオリンは、アトピーや認知症などの悩みに強いです。
亜麻仁油との違い!エゴマ油の成分ルテオリンの効能がスゴい

リグナンは、更年期障害や不妊症など、女性特有の悩みに強いです。
亜麻仁油のリグナン効果と副作用は?食べ物と含有量も比較!

こうしたちょっとした違いで、しそ油・えごま油・亜麻仁油を選ぶ方法もあります。

しそ油とえごま油と亜麻仁油、選ぶときのポイントは?

えごま油や亜麻仁油の、認知症予防やダイエット効果、美肌効果など、
テレビで紹介された効果は、どれもαリノレン酸という成分によるものです。

そして、しそ油・えごま油・亜麻仁油のαリノレン酸の含有量は、ほぼ同じ。

そのため、テレビで紹介している効果を期待して摂取するなら、
どの油を選んでも良いと言えます。

ただし、選ぶときのポイントとして、コールドプレス製法という、
低温圧搾で作られている商品を選ぶようにしましょう。
コールドプレスの画像

エゴマの栄養素は、高い温度で壊れてしまうことが多いため、
低温でじっくり作らなければ、効果が台無しになってしまいます。

また、国産や有機(オーガニック)、無添加など、
自分がこだわりたいポイントも加えると、かなり絞られてくると思います。

もし、原料も国産にこだわりたい場合は、亜麻仁油の国産品は希少なので、
えごま油(しそ油)の国産品を選ぶことをおすすめします。

国産えごま油の人気商品も調べてありますので、
もし興味があれば、そちらの記事もチェックしてみてくださいね。

国産えごま油おすすめ人気ランキング【楽天・amazon】へ!

スポンサーリンク

コメントを残す