なたね油とは?サラダ油との違いを調べてみました

なたね油とサラダ油の違いがわからない!
そこで、どんな違いがあるのか徹底的に調べてみました。
なたね油を買う時の選び方、ポイントも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク


なたね油とは?

なたね油は、セイヨウアブラナから採った油です。

黄色い花をつけている時は「菜の花」
種ができた時は「菜種(なたね)」とも呼ばれる植物です。

セイヨウアブラナの種、菜種からとった油ということがわかれば、
どうしてなたね油という名前がついたのかも、わかるかと思います。
菜の花の画像

最近は、えごま油や亜麻仁油など、健康にいい油が流行っている反面、
なたね油は、体に悪い、危険などと言われるようになりました。

なぜ危険だと言われるようになったのか、
それは、過去に体に害のあるエルカ酸という成分が含まれていたことや、
原料の育て方、製造のやり方などに問題があったからです。

しかし、今販売されている国産のなたね油は、問題をすべてクリアしているため、
国産品なら安心して使える、と考えて問題ないと思います。

ただし、100gあたりのカロリーは約900kcalほどありますので、
使い過ぎには十分ご注意ください。

なたね油とサラダ油の違い

なたね油とサラダ油の違いは、何から抽出しているかにあります。

なたね油は、セイヨウアブラナの種、菜種から作られた油です。

一方、サラダ油は、菜種だけでなく、紅花、ひまわり、大豆、ごま、
とうもろこし、綿実、米、落花生で作られている可能性があります。
なたね油サラダ油の画像

そのため、なたね油はサラダ油か?と聞かれたら「はい」と言えますが、
サラダ油はなたね油か?と聞かれたら「違う可能性もある」となってしまうのです。

ちなみに、amazonで人気の日清サラダ油を調べてみると、
原材料には、食用大豆油と食用なたね油の記載がありました。

つまり、大豆油となたね油をブレンドして作ったものが、日清サラダ油なのです。

他のサラダ油も、原材料を確認すれば、何から作られているかわかりますので、
サラダ油を買う時は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

なたね油の選び方

料理に使う油として、なたね油を買う時の選び方をご紹介します。

ポイントは、原料は国産で、遺伝子組み換えをしていないもの、
製造での圧搾法が、一番搾りであること。

国産・遺伝子組み換えでない・一番搾り、
この3つのポイントをクリアした、なたね油を選ぶことをおすすめします。

私のおすすめなたね油は、amazonでベストセラー1位にもなっている、
カネゲンの「圧搾一番しぼり国産なたねサラダ油」です。

910g入りで千円を切る価格、毎日使う料理用の油にもってこいです。

口コミでも「安心して使える」「美味しい」「癖がない」「安い」など、
とにかく評判の良い国産なたね油です。

ここまで読んでくれたら、国産なたねサラダ油という商品名も、
なぜ?と疑問に思わず、理解できたのではないでしょうか。

なたね油はサラダ油、ですからね。

炒め物や揚げ物との相性もいいので、あなたもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す