オリーブオイルで毛穴ケア!綿棒で鼻の黒ずみを解消する方法

最近オリーブオイルで毛穴ケアをする人が増えています。
でも、本当にオリーブオイルで毛穴の汚れが綺麗になるの?
そこで今回は、話題になった解消法の効果と体験談を調べてみました。

スポンサーリンク


オリーブオイルと綿棒を使ったいちご鼻解消法

一時期スマホの人気アプリのCMで、綿棒を使った毛穴ケアが紹介されました。

詳しくはアプリ内の紹介記事をチェックする必要がありましたが、
その中身は、綿棒にオイルをつけてクルクルマッサージするという方法でした。

オイルをつけた綿棒を鼻のラインにそってクルクル回しなでているうちに、
角栓が浮き出てきて取れるというのです。
オリーブオイル綿棒の写真

使用するオイルは、ホホバオイルやベビーオイルでもいいのですが、
一番試されているオイルは、オリーブオイルでした。

オリーブオイルは、スキンケア用の商品を使うのが1番良いですが、
エクストラバージンオリーブオイルであれば、食用でも問題ないと言われています。

そこで、私が料理に使っているオリーブオイルがエクストラバージンだったので、
実際に毛穴が綺麗になるか試してみました。

これから試してみようと思っている方は、よければ参考にしてみてください。

食用のエクストラバージンオリーブオイルで試してみた

早速、綿棒にエクストラバージンオリーブオイルをしみ込ませて、
毛穴の黒ずみが一番気になる鼻を中心に、クルクルマッサージしてみました。

すっぴんの状態で、鏡を見ながらクルクルクルクルと。

30秒ほどやって、綿棒を確認。
オリーブ綿棒確認の写真

綿棒に角栓がついてくるなど、汚れが付着している感じはなし。

もう少し時間が必要なのかと、1分、2分、3分とやってみましたが、
私の毛穴の黒ずみには、何の変化も起こりませんでした。

え、オリーブオイル綿棒って効果ないの?!

こんなに話題になってるのに、そんなまさか、と思い、
ネット上でやり方を見直してみました。

すると、蒸しタオルやラップなどで、鼻の毛穴を開かせてからやる方が、
より効果的だという情報にたどりつきました。

そこで、入浴中にタオルで鼻を温めてから再チャレンジ!
オリーブ綿棒の写真

その結果、毛穴が開いたことで角栓が少しだけ浮き出ていた部分は、
オリーブオイル綿棒で取ることができました。

しかし、角栓が見えない毛穴の黒ずみは取れず、
期待していたほどの効果はありませんでした。

ただ、私の場合は肌が荒れたりマイナスなことはなかったので、
簡単にできる毛穴ケアの1つとして覚えておいても損はないと思いました。

角栓は無理にとらない!逆効果の危険性

オリーブオイルと綿棒が家にあれば簡単に毛穴ケアができるといっても、
力の入れ過ぎや、やり過ぎには注意が必要です。

効果があると思って夢中になってやっていると、
こすり過ぎて、鼻が赤くなってしまったなんて体験談も耳にします。
危険の画像

実際私も、あと少しで角栓が取れそうになった時、
つい綿棒で鼻をぐいっと押してしまい、その部分が赤くなる事件が起きました。

本来、毛穴の黒ずみとなる汚れは、
丁寧な洗顔とスキンケアをするだけでも改善していくことが可能です。

無理に角栓を取ろうとすることは逆効果になる危険性もあるので、
オリーブオイル綿棒のやり過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

飲み物や食べ物で毛穴が綺麗になることもある

私は小学生の頃から鼻の黒ずみが目立つタイプでした。

それが嫌で、よく指で無理やり角栓をだしてしまうことも多く、
悲しいことに、より毛穴が目立つ鼻になっていきました。
鼻をおさえる写真

毛穴パックのやり過ぎで、鼻が赤くなったり、吹き出物ができたり、
改善しようとやっていることなのに、結果は悪くなることばかり。

いつしか、毛穴はメイクで隠すことが普通になっていました。

しかしある日、
親戚からトマトジュースを飲むようになったら肌が綺麗になったという話を聞いて、
ちょっと真似てみることにしたんです。

すると、1ヶ月ほどで毛穴の黒ずみが目立たなくなったのです!

外側からのケアばかり気にしてきた人生だったのですが、
この時、初めて内側からケアすることの大事さに気づくことができました。

もちろん、時にはオリーブオイル綿棒のようなスペシャルケアも良いと思います。
綿棒の写真

でも、何を食べるか、何を飲むか、どれだけ丁寧にスキンケアをしているか
毎日の積み重ねが、美肌を作りだす基盤となるということも、
覚えておいた方が良いのではないかと、私は思っています。

毛穴の黒ずみを解消することができれば、すっぴんも怖くありません。

オリーブオイル綿棒で毛穴がリセットできたという人もいるので、
スペシャルケアもうまく取り入れながら、納得のいく美肌を目指していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す