オリーブオイルで揚げ物できる?酸化する温度と再利用の仕方

オリーブオイルで揚げ物ができるのか、よくわからなかったので、
酸化しやすい温度が何度なのか、調べてみました。
揚げ物後にオリーブオイルが再利用できるか?も調べてみたので、ご紹介します。

スポンサーリンク


オリーブオイルで揚げ物できる?できる!

普段、炒め物に使う調理油にオリーブオイルを使っていると、
揚げ物をする時、どの油を使おうか悩んでしまうことがあります。

大量に使うからと安いサラダ油を使ってしまうものの、
健康のことを考えると、オリーブオイルを使った方が良さそうだな、と。
オリーブオイルの画像

でも、ここで疑問がでてきました。

オリーブオイルで揚げ物をしても大丈夫なんだっけ?と。

そこで、オリーブオイルで揚げ物ができるか調べてみたところ、
問題なく、揚げ物にも使用できることがわかりました。
揚げ物の画像

えごま油や亜麻仁油は、酸化しやすく加熱調理できないため、
健康油で揚げ物は、危険なイメージがありました。

でも、オリーブオイルは油の中でも酸化しにくい油だったようで、
むしろ、揚げ物にもおすすめの油として紹介されていました。

これからは、調理用を何種類も用意しなくてよさそうです。

オリーブオイルが酸化する温度は?

オリーブオイルは熱に強く、揚げ物にも使える油だとわかったものの、
酸化しやすい温度はないのか、気になりました。

そこで、酸化温度についても調べてみたところ、
発煙温度という、油から煙がでる危険のある温度があることを知りました。

オリーブオイルの場合、新しいものを揚げ物に使った時は210度、
再利用の2回目以降は170度が、発煙温度の目安となります。
揚げ物唐揚げの画像

エキストラバージンオリーブオイル(エクストラバージンオリーブオイル)だと、
新しいものでも170度が目安になるので、より注意が必要です。

オリーブオイルで揚げ物をする時は、低温でじっくりと!が安心です。

そのため、オリーブオイルで揚げ物をする時は、
エキストラバージンではなく、ピュアオリーブオイルの方が扱いやすいと思います。
味の素オリーブオイルの画像

なお、発煙温度を守って揚げ物をすれば、酸化の心配はほとんどないので、
酸化しやすい温度は、気にする必要はなかったようです。

しかし、一度揚げ物に使った加熱されたオリーブオイルは、
未使用のものよりも酸化スピードが早くなるようです。

再利用には注意が必要そうですね。

オリーブオイルは再利用できる?

揚げ物用の油は、何回か使い回すという人は多いと思いますが、
オリーブオイルの場合も再利用はできるのでしょうか?

その答えは、イエス!再利用もできました!
効果ありの画像

しかも、サラダ油は3~4回が限度と言われているのに対し、
オリーブオイルは、最大で15回も使えた実験結果がありました。

しかし、一度加熱したオリーブオイルは酸化スピードが速くなるため、
実際に揚げ物で使い回すのは、3~4回にしておいた方が良さそうです。

尚、再利用する時は、調理後にすぐ濾して冷えたら密封、冷暗所で保存しましょう。
冷暗所の画像

揚げカスが入っていたり、空気や光にさらしていると、
どんどん酸化がすすんでいってしまいます。

一番おすすめの再利用の仕方は、炒め物の油などにも使っていくことです。

揚げ物に使ったオリーブオイルは、1日でも早く使い切った方がいいので、
炒め物の油としても使っていき、早めに消費してしまいましょう。

しっかりこして密閉しておけば、問題なく再利用していけますよ。

色やにおいが悪くなったら、きっちり廃棄!

サラダ油に比べて、オリーブオイルは値段が高いので、
出来るかぎり、捨てずに使いたいと思うのが普通だと思います。

しかし、もしオリーブオイルの色が悪くなっていた時は、廃棄しましょう!

一度使ったオリーブオイルでも、他の油より持ちがいいのは確かですが、
酸化しやすくなっていることは、忘れてはいけません。

色が茶色くなっていたら、酸化している危険があるので、
使うのをやめて、きっちり廃棄するようにしましょう。
STOPの画像

また、においが明らかに変わっていたら、劣化している証拠です。

色やにおいが変わったことに気づいたら、迷わず廃棄しましょう。

揚げ物をした後、油を使わない料理が続くこともあると思いますし、
なかなか消費できない時もあると思います。

美味しく使える範囲で、再利用するのがベスト!

オリーブオイルで美味しい揚げ物、ぜひ作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す