【続報】日清オイリオのココナッツオイル回収方法と確認事項

日清オイリオが自主回収を発表したココナッツオイル、
日清エキストラバージンココナッツオイルを持っていた私。
回収専用ダイヤルにやっと電話がつながったので、続報をお伝えします!

スポンサーリンク


日清オイリオの回収電話がやっとつながりやすくなった

先日、日清オイリオのココナッツオイルの一部にコウジカビが見つかったことで、
自主回収が発表された件を、このブログでもお伝えしていました。
日清のココナッツオイルに注意!コウジカビで自主回収の詳細
自主回収の画像

主な回収対象となっている日清エキストラバージンココナッツオイルを、
使いかけとストック、合計2個持っていた私は、回収専用ダイヤルに電話していました。

しかし、混み合っているようで、まったくつながらず。

結局1日1回かけ続けて、ようやくつながったのは2週間後のことでした。
電話相談の画像

エキストラバージンココナッツオイル回収専用ダイヤル(0120-390-169)は、
当分設置しているそうです。(電話にでた担当者にも確認済み)

今はつながりやすくなっているので、まだ手元にある方は、電話しておきましょう。

また、自主回収対象となった日清オイリオ商品への質問・問い合わせも、
ある程度答えてくれますので、気になることも聞いておくと良いと思います。

日清オイリオの回収電話で確認されたこと

回収専用ダイヤルに電話をすると「フリーダイヤルでおつなぎします」と、
自動アナウンスが流れた後、担当者に電話がつながります。

電話がつながると、まずは回収対象商品かどうかの確認をされるので、
対象商品が手元にある時に電話をした方が良いと思います。
日清エキストラバージンココナッツオイルの画像

参考までに、私が電話をかけて、まず確認された5項目を紹介します。

  1. 瓶に書かれている商品名(例:日清エキストラバージンココナッツオイル)
  2. 商品名が書かれているパッケージの色(例:赤っぽい色)
  3. 商品の内容量(例:130g)
  4. 商品の製造者名(例:日清オイリオグループ株式会社Y)
  5. 使いかけを含む、手元にある個数(例:2個)
    ※持っている個数分、ヤマト運輸より梱包材の箱が届けられるため

私の友人は、容器に中鎖脂肪酸と記載があるかも確認されたと言っていたので、
担当者によっては、多少確認方法が違うようです。

この確認で「対象商品です」と言われたら、梱包材を送るために、
住所、名前、電話番号を聞かれる流れとなっていました。

回収電話の担当者に質問してわかったこと

友人が電話した時にでた担当者は、あまり雰囲気が良くなかったようですが、
私が電話した時の担当者は、とても丁寧な対応をしてくれました。
電話対応の画像

最後に「何かご質問はございますか?」と聞いてくれたので、
日清オイリオの担当者に、5つの質問をしてみました。回答と一緒にご紹介します。

質問:その1
「1個ずつの梱包・発送でも、クオカードはまとめて届きますか?」
回答
「同時に確認ができなかった場合は、別々のお届けとなる可能性もあります」

質問:その2
「今回発見されたカビは、コウジカビだけですか?」
回答
「はい、現時点で発見されているカビは、コウジカビだけです」

質問:その3
「コウジカビが生えていた場合、目で見てわかりますか?」
回答
「黒い点のような見た目なので、目で見てもわからない場合もあります」

質問:その4
「発表があるまで食べていましたが、体への影響は本当にないのでしょうか?」
回答
「体に悪影響となるカビではございませんので、影響はないと判断しております」

質問:その5
「自主回収発表後から今も、健康被害の報告はないですか?」
回答
「はい、現時点でも、健康被害の報告をいただいたことはございません」

質問した流れで、発見されたコウジカビは、パンやお餅に生えることもあるカビで、
毒性のないカビだという説明もあり、ここまで知って、やっと安心できました。

日清オイリオのココナッツオイル回収専用箱が届いた

電話をして1週間が過ぎた頃、ヤマト運輸が回収箱を2箱届けにきました。
ココナッツオイル回収箱の画像

箱の中に入っていたものは、この5点です。

  1. 自主回収のお詫びとお願いが書かれた紙(1枚)
  2. 対象品返送手順書(1枚)
  3. 返送用着払伝票(1枚)
  4. 箱を閉じるためのシール(1枚)
  5. フィルム付き段ボール(1個)

回収箱の中身の画像

手順書どおりにココナッツオイルを入れてみると、
しっかり瓶が固定されて、中で動かないようになりました。
ココナッツオイル梱包画像

返送用着払伝票には、送付先・依頼先の印字が済んでいるので、
箱を閉じて貼りつければ、あとはヤマト運輸に集荷依頼をするだけでした。

集荷依頼もフリーダイヤルなので、お金がかかることはありませんが、
日清オイリオに電話して、箱を受け取り、梱包して、
ヤマト運輸に電話して、着払いで渡す、それなりに手間がかかりました。

しかし、対象商品は使いかけでも回収してもらえますので、
手間はかかりますが、回収してもらい、クオカードにしてもらいましょう。

日清オイリオさん、改良しての再販、待っていますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す