生えごま油とえごま油の違いを比較!どっちがおすすめ?

えごま油には、生えごま油や本生えごま油があることで、
生えごま油とえごま油の違いが気になる人もいると思います。
どっちがおすすめなのかも含め、生の違いを調査・比較してみました。

スポンサーリンク


生えごま油とえごま油の違い

えごま油の中には「生」「本生」「生絞り」が商品名についている、
生えごま油があります。

生えごま油とえごま油の違いが気になる人もいると思ったので、
詳しく調査してみたところ、製造工程に違いがあることがわかりました。

生えごま油は、原料を焙煎などせず、生のまま圧搾しているので、
まさに生絞りのえごま油なのです。
コールドプレスの画像

生がついていない通常のえごま油も、生のまま圧搾している商品もありますが、
製造工程の中で酸化防止剤などの薬品が使われている場合があります。

しかし、安全性を高めるために使用していると考えれば、
多少は仕方ないと思う人も多いのではないでしょうか。

生えごま油は、えごま油よりもαリノレン酸などの成分が多く含まれていますが、
酸化のスピードが早いため、より取り扱いに注意が必要です。

また、生えごま油はえごま油よりも希少価値がついているため、
通常のえごま油よりも値段が高い商品が多いのです。

生えごま油とえごま油、どっちがおすすめ?

生えごま油とえごま油は、製造工程が違うことで、
栄養成分の含有量、酸化スピード、値段にも違いがあることがわかりました。

どっちがおすすめなの?という質問については、
どの特徴を重要視するかで、おすすめが変わってきます。
おすすめの画像

品質や栄養成分の含有量を重視するならば、生えごま油がおすすめです。

値段や取り扱いやすさも重視するならば、えごま油がおすすめです。

通常のえごま油でも、他の油や食べ物に比べれば、
αリノレン酸など、健康効果が期待できる成分の含有量は多いので、
継続して摂取すれば、感じる効果に差はあまりないかと思います。

味や香りについては、生えごま油の方が癖がないと言う人もいますが、
メーカーによっても違いがあるため、気になった商品ごとに口コミを見て、
味や香りの評価を参考にするのが、おすすめです。

焙煎タイプのえごま油について

生えごま油とえごま油の違いを調査する中で、焙煎えごま油もあることがわかりました。

商品名に焙煎がついているえごま油は、原料を焙煎してから圧搾したもので、
他のえごま油と比べると、色が濃く、香ばしい風味が特徴です。
焙煎えごま油の画像

えごま油は熱に弱く、酸化しやすいため、加熱NGの油だと知っている人は、
焙煎している=加熱してるの?大丈夫?と心配になるかもしれません。

しかし、各メーカー低温焙煎などで栄養成分を壊さないよう工夫しているので、
焙煎タイプだからといって、酸化や成分の破壊について心配することはありません。

栄養成分の含有量も、ほぼ通常のえごま油と変わりないため、
味や香りが好みであれば、焙煎えごま油を選ぶのも良いと思います。

私は、健康効果を感じるためにも、長期的にえごま油を摂りたいので、
コストパフォーマンスを考えて通常のえごま油を選択しました。

生えごま油、えごま油、焙煎えごま油、それぞれに特徴があるので、
違いを知ったうえで、今の自分に合っているものを選んでみるといいと思います。

ちなみに、通販で売れているえごま油も紹介していますので、
よろしければ、ぜひ人気商品もチェックしていってくださいね。

通販で話題!えごま油おすすめ人気ランキング

 

スポンサーリンク

コメントを残す