えごま油と亜麻仁油の効果は子供にも?オメガ3で賢い脳に!

えごま油や亜麻仁油って、子供にも効果があるの?
もし効果があるなら、摂取量はどのくらい?
今回は、そんな疑問が解消する、子供への効果と摂取方法をお話します!

スポンサーリンク


えごま油と亜麻仁油は、子供の脳に効果アリ!

ダイエットや美肌効果、花粉症やアトピーの症状改善など、
えごま油と亜麻仁油には、うれしい効果がたくさんあります。

しかし、その効果が大人にはあるとわかっているものの、
子供にも効果があるのかは、いまいちよくわかっていませんでした。

そこで、子供にも効果があるのか詳しく調べてみたところ、
えごま油と亜麻仁油は、子供にも効果があるということがわかりました!
子供の画像

子供が摂ることで、特に期待できる効果としては、
花粉症の改善、アトピーの改善、記憶力アップ、学習能力アップなど。

つまり、子供のアレルギーと、脳に効く!ということなんです。

もしアレルギー症状がない子だったとしても、学習能力がアップするなら、
どんな子供でも摂取する価値は、十分あると思います。

なぜ摂るだけで、子供の学習能力がアップするのか?

えごま油と亜麻仁油は、子供にも効果があるとわかったものの、
摂るだけで学習能力がアップするなんて、ちょっと信じがたい話ですよね。

そこで、なぜそんな効果があるのか、その理由も調べてみたところ、
えごま油と亜麻仁油に含まれるαリノレン酸が、脳の発達に良いとわかりました。
子供の画像

αリノレン酸は、オメガ3という必須脂肪酸のひとつで、
体内に入れると、脳の神経細胞に良い刺激を与える作用があると言われています。

また、脳細胞の働きを促進し、脳の発育をサポートする働きがあるため、
脳が育つための「栄養剤」のような役割をしてくれるのです。

このαリノレン酸の優れた効果により、記憶力や学習能力が向上するというわけです。
能力アップの画像

ちなみに、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の緩和作用も、
αリノレン酸の働きによるものです。

オメガ3系の成分は、子供の健康や成長を助けてくれるのです。

えごま油と亜麻仁油、子供の1日の摂取量はどのくらい?

こうして効果がある理由を知ると、えごま油や亜麻仁油の摂取というよりも、
子供には、αリノレン酸を摂らせたい!と思う人もいると思います。

しかし、αリノレン酸を含む食べ物って、実はとっても少ないんです。

しかも、食べ物の中では1番多く含まれている青魚でも、
1日の摂取量が多いのが難点で、サバなら半身も食べなければいけません。
サバ半身の写真

えごま油や亜麻仁油なら、大人でも1日の摂取量は小さじ1杯(5g程度)です。

子供なら、さらに少量!小さじ二分の一(2~3g)で十分です。

性別と年齢別で1日の摂取量がわかる詳細な記事もありますので、
よければ、えごま油と亜麻仁油の1日の摂取量を年齢別で調べてみたもご覧ください。

ちなみに、子供の飲み方としては、食べ物に混ぜて飲ませるのがおすすめです。
食事風景の画像

そのまま飲むと、胃に負担がかかったり、消化不良を起こす危険があるので、
できるだけ食事中に摂らせてあげましょう。

効果を感じるためには、最低でも2~3ヶ月以上摂ることが必要ですが、
子供の脳の発育をサポートするためにも、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す