血管年齢を若くするには?血液サラサラ効果のある健康油5選

血管年齢を改善したいけど、面倒な食事や運動は続かない。
そんな時は、油でその悩みを解決しちゃいましょう!
今回は、血液をサラサラにしてくれる5つの健康油をご紹介します。

スポンサーリンク


小さじ1杯の油で、血管年齢が若くなる!

最近、運動不足やストレスのせいで、血管年齢が高くなる人が増えています。

どうにか改善しようと、ストレッチやウォーキングなどの運動や、
青魚を食べるなど、食事を変えようと頑張っている人も多いですが、
正直、食生活を変えなければいけない方法は、毎日続けにくいものです。

そこで今回は、血管年齢の若返り効果がある油を調査してみました!
スーパーの食用油の画像

今回紹介する油は、毎日少量摂るだけでいいんです!

1日の摂取量は小さじ1杯~大さじ1杯でいいので、
普段の食事にちょこっとプラスするだけ。

だから、とっても手軽で続けやすい方法なんです。

最近は、健康油ブームがあったおかげで、
スーパーなど、市販でも効果的な油が購入できるようになってきました。

きっとあなたの血管年齢を若返らせてくれる油もあると思うので、
よければぜひチェックしてみてくださいね。

毎日飲めば血管年齢が若返る!おすすめの健康油5選

油で血管年齢を若くするには、オメガ3脂肪酸を含んでいることが重要です。

オメガ3脂肪酸は、食べ物の中では青魚に多く含まれている油で、
DHAやEPA、αリノレン酸と呼ばれる成分の総称でもあります。

必須脂肪酸でありながら、体内で作ることができない油のため、
健康維持のためにも、毎日意識して摂りたい油でもあります。
小さじ1杯の画像

オメガ3脂肪酸が血管年齢の若返りに効果的な理由は、
血液をサラサラにする効果があるだけでなく、
血管の弾力性を高めたり、赤血球が柔らかくなる効果もあるためです。

コレステロール値や中性脂肪の数値も改善しやすくなるため、
毎日摂るだけで、ダイエット効果が実感できることもあります。

今回は、そんなオメガ3脂肪酸を含む油を5つご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてください。

では、順にご紹介します!

1.亜麻仁油(アマニオイル)

認知症予防やダイエット効果のある油としても有名な、
「亜麻仁油(アマニオイル)」
有機亜麻仁油の写真

アマという植物の種子から作られた油で、
αリノレン酸(オメガ3)が100gに約60%含まれています。

1日の摂取量は、小さじ1杯程度です。

一時期テレビで紹介されることが多くなったことで、
今ではスーパーに置いてあることも多く、市販でも買いやすい油になりました。

ただ、熱に弱い特徴があり、調理油としては向かないため、
食べ方は、ドレッシングや納豆などに混ぜたり、そのまま飲むのが一般的です。

味に癖があるものの、品質の良いアマニオイルは生でも飲みやすいので、
個人的には一番おすすめしたい油となっています。

2.えごま油(エゴマオイル)

亜麻仁油とαリノレン酸の含有量が似ているため、
同等の効果が期待できる「えごま油(エゴマオイル)」
鹿北製油の国産えごま油の画像

シソ科のえごまという植物の種子から作られた油で、
別名「しそ油」とも呼ばれています。

先ほど紹介した亜麻仁油とαリノレン酸の含有量はほぼ同じ(100gに約60%)で、
1日の摂取量は、小さじ1杯程度です。

共通点が多くて、違いがわからない人も多い亜麻仁油とえごま油ですが、
味や香り、一部の成分に若干の違いはあります。

ただ、血管年齢の若返り効果では、どちらを選んでも大差はないと言われています。

熱に弱い特徴や一般的な食べ方も同じなので、
品質の良いメーカーや口コミの良さを重視して選ぶことをおすすめします。

3.チアシードオイル(チアシード油)

ダイエット効果の高いスーパーフードとして有名なチアシードから作られた
「チアシードオイル」
チアシードオイル

αリノレン酸が100gに約60%含まれているため、
亜麻仁油、えごま油と同じく、オメガ3がしっかり摂れる油となっています。

1日の摂取量は、小さじ1杯程度です。

チアシードオイルも熱に弱かったり、味に癖があることで、
こちらも亜麻仁油やえごま油とかなり似た油といえます。

ただ、置いてあるスーパーが少ないので、市販では買いにくいかもしれません。

それでも、食物繊維や鉄分、亜鉛なども摂れる油なので、
味や値段が許容範囲であれば、チアシードオイルもおすすめです。

4.インカインチオイル(グリーンナッツオイル)

グリーンナッツオイル、サチャインチオイルとも呼ばれている、
「インカインチオイル」
インカインチオイル

ペルーアマゾン熱帯雨林が原産地となる植物の実から作られた油で、
100gに約50%のオメガ3脂肪酸が含まれています。

1日の摂取量は、小さじ1杯~大さじ1杯。

オメガ3を含む油としては、亜麻仁油やえごま油の方が人気ですが、
天然のビタミンEが含まれているため、
美容効果を重視するなら、インカインチオイルの方がおすすめです。

ただし、賛否の分かれる独特な味がするので、続けられるかは味次第かもしれません。

でも、インカインチオイルは加熱しても栄養成分が壊れにくいため、
調理油として使いたい人には良い油だと思います。

5.ヘンプシードオイル(麻の実オイル)

亜麻仁油と間違われることの多い、大麻の実から作られた油、
「ヘンプシードオイル」
ヘンプシードオイル

100gに約80%近くの必須脂肪酸が含まれている油で、
大さじ1杯程度でオメガ3脂肪酸の1日の摂取量が摂れると言われています。

また、αリノレン酸だけでなく、ガンマリノレン酸も含まれていたり、
鉄、銅、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれている特徴もあります。

ただし、ヘンプシードオイルも味に癖があるため、
好き嫌いの分かれる油となっています。

今回紹介した健康油の中では、知名度も一番低く取り扱うメーカーも少ないため、
試してみたい人は、通販で購入するのが良いかと思います。

どの油にも、それぞれちょっとした違いがありますが、
血管年齢の若返り効果のある油としては、どれも本当におすすめです。

あなたが続けやすいと思う油は、どの油だったでしょうか?

油を摂る習慣を身につけて、ぜひあなたも若返りに挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す