えごま油の使い方!ダイエットやアトピー改善にどう使う?

えごま油に興味はあるけど、いまいち使い方がわからない。
ダイエットやアトピー改善には、どう使えばいいの?
そんなアナタのために、効果がでやすいえごま油の使い方をご紹介します!

スポンサーリンク


えごま油の正しい使い方・ダメな使い方は?

えごま油を飲むだけで、ざわちんがダイエットに成功!肌も若返った!
そんな内容が放送されたテレビを、あなたは見ていたでしょうか?

テレビの影響力は絶大で、今やえごま油は、人気の油となりました。
えごま油の画像

しかし、いざ使ってみたものの、いまいち効果がでない・・・。

そんな人のために!

今回は、効果がでやすいえごま油の使い方をご紹介したいと思います。

えごま油は、そのまま使うのが基本的な正しい使い方です。
小さじ1杯の画像

炒め物や揚げ物の油など、加熱して使ってしまうと、
えごま油が酸化してしまうので、加熱する使い方は絶対NGです。

冷蔵庫で保存していた温度か、常温で使うことを常に意識しましょう。

続けて、目的別による効果的な使い方をご紹介します!

ダイエットに効果的なえごま油の使い方は?

えごま油のダイエットに効果的な使い方として、
大事なポイント3つをご紹介します。

  1. 1日の摂取量は、小さじ1杯~大さじ1杯(5g~12g)
  2. 摂取するタイミングは、食事中か食後
  3. 継続期間は、最低でも1ヶ月以上

まず、1日の摂取量ですが、5g~12gと幅があるのは、
体質によって効き目に個人差がでてくるためです。

最初は小さじ1杯(約5g)からスタートして、
体重の変化を見ながら、量を調整していくことをおすすめします。

大さじ1杯以上摂ると、痩せるどころか太る危険がありますので、
摂りすぎには十分注意してください。
ダイエットの画像

摂取タイミングは、諸説ありますが、えごま油を油として考えると、
空腹時の摂取は、消化器官に負担をかける危険があります。

腹痛や下痢の予防にもなるので、食事中か食後をおすすめします。

ダイエットの場合、毎日続けないと効果がでにくいので、
痩せたいなら、えごま油は毎日摂り、1ヶ月以上は続けましょう!

アトピーに効果的なえごま油の使い方は?

えごま油のアトピーに効果的な使い方として、
大事なポイント5つをご紹介します。

  1. 1日の摂取量は、小さじ1杯(約5g)
  2. 摂取するタイミングは、食事中か食後
  3. オメガ6(リノール酸)が多く含まれる食べ物は控える
  4. 肌には塗らない
  5. 継続期間は、最低でも2ヶ月以上

アトピーの場合、1日の摂取量は小さじ1杯(約5g)で十分です。

1番重要なポイントとしては、えごま油を摂取している期間に、
オメガ6(リノール酸)の多い食べ物を控えているかどうかです。
マーガリンの画像

アトピーの主な原因は、オメガ6(リノール酸)の摂りすぎと言われています。

そのため、アトピー改善効果のあるえごま油を摂り続けても、
他の食べ物でリノール酸を摂っていたら、逆効果になる危険もあります。

ジャンクフード、菓子パン、マーガリン、マヨネーズなど、
リノール酸を多く含む食べ物には、くれぐれも注意しましょう。
トーストの画像

より詳しい内容は、別記事にまとめてありますので、こちらも参考にどうぞ!
亜麻仁油やえごま油でアトピーが悪化?逆効果から学ぶこと

尚、アトピーに直接えごま油を塗ると効果があるという説もありますが、
肌に塗った部分に日光が当たると、えごま油が酸化する危険があります。

酸化したえごま油を肌につけていれば、アトピーが悪化する恐れもあるので、
塗るよりも、体内に入れた方が安全で、効果的だと覚えておきましょう。
効果ありの画像

アトピーの改善が実感できるまでには、基本的に2ヶ月以上かかりますが、
他のえごま油の効果も、たいていこのくらい時間がかかると言われています。

しかし、正しい使い方をしていれば、効果はより期待できますので、
根気よく続けていれば、きっと良い変化があると思います。

えごま油を1年飲み続けたことで、アトピーがほぼ治った人もいますので、
あなたも使い方のポイントを守って、摂り続けてみてはいかがでしょうか?

尚、えごま油をこれから買う人は、おすすめ人気ランキングも公開していますので、
ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!
通販で話題!えごま油おすすめ人気ランキング2018

スポンサーリンク

コメントを残す