亜麻仁油とえごま油がLDLコレステロールを下げる理由

健康診断から、LDLコレステロールが高いことがわかり、
脂質代謝障害の疑いを指摘され、焦ったことがあります。
そんな時、コレステロールを下げる効果のあった食品が、亜麻仁油でした。

スポンサーリンク


LDLコレステロールを下げるには?

私は、健康診断の血液検査により、LDLコレステロールの数値が高いことがわかり、
「脂質代謝障害の疑い」で、要指導の判定をされたことがあります。
脂質代謝障害の画像

思わぬ結果に焦った私は、すぐにLDLコレステロールが高い原因を調べました。

その結果、食生活の乱れ、運動不足、ストレスが原因であることが多いとわかり、
私は、原因を解消するような生活を心がけるようになりました。

しかし、もともと食事には気をつかう方で、運動も適度に行っていたのに、
1年かけても、LDLコレステロール値は下がりませんでした。

LDLコレステロールを下げるには、どうしたらいいのだろう・・・?

そんなゴールの見えない悩みを解決してくれたのが、亜麻仁油(アマニ油)でした。
関連記事:亜麻仁油とは?気になる効果と値段から注意点まで

油にも関わらず、コレステロール値がゼロの亜麻仁油を毎日摂り続けた結果、
翌年の健康診断で、LDLコレステロールを基準値に下げることができたのです。

亜麻仁油とえごま油がコレステロールを下げる理由

油と聞くと、カロリーが高いことで、脂肪がつくようなイメージがありますが、
亜麻仁油とえごま油には、LDLコレステロールを下げる効果があるんです!
コールドプレスの画像

なぜそんな効果があるのかというと、その理由はαリノレン酸に隠されています。
関連記事:オメガ3で大人気!亜麻仁油・えごま油のαリノレン酸とは?

亜麻仁油とえごま油に多く含まれているαリノレン酸には、
LDLコレステロールを分解する働きがあったのです!

αリノレン酸を効率よく摂取する食べ物としては、青魚がおすすめですが、
コレステロールを下げるには、毎日食べ続けることが重要なため、
効果がでるまで続けるのは、なかなか難しい・・・。

亜麻仁油やえごま油なら、小さじ1杯で1日に必要なαリノレン酸が摂れるので、
毎日摂り続けやすく、効果もでやすいのです。
関連記事:えごま油と亜麻仁油の1日の摂取量を年齢別で調べてみた

コレステロールは高い低いより、本当は「比率」が重要

10月19日に放送した「主治医が見つかる診療所」のコレステロールSPによると、
コレステロールで本当にチェックしなければいけないのは、
LDLコレステロール単体の数値ではなく、悪玉と善玉の「比率」なんだそうです。
コレステロールの画像

LDLコレステロールの数値を、HDLコレステロールで割った数値を「LH比」と呼び、
このLH比が「2.0以下」であれば、健康上は問題ないとのこと。

例えば、LDLコレステロール値が100、HDLコレステロールが80だった場合は、
100÷80をすれば、LH比が1.25とわかり、問題ないことがわかります。

LDLコレステロール値が80のように高い数値でなかったとしても、
善玉のHDLコレステロール値が40だった場合、80÷40LH比が2.0となるため、
問題ありとなってしまうのです。

亜麻仁油とえごま油は、LDLコレステロールを下げるだけでなく、
HDLコレステロールを増やす働きもあるため、比率の改善にもおすすめです。

生活習慣の改善にも力を入れる必要はありますが、
亜麻仁油とえごま油は、コレステロール値の改善に必ず役立つと思います。

早ければ2~3ヶ月で効果が期待できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す