亜麻仁油で下痢になった!原因は副作用?油の摂り過ぎに注意

亜麻仁油は、基本的に副作用がないと言われていますが、
たまに下痢の症状がでてしまう人がいます。
そこで、副作用かな?と思った時に確認したいことをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


亜麻仁油を飲んで下痢になる人が増えている?

最近、亜麻仁油の効果がテレビで紹介されることが増えましたね。

アトピーや花粉症の改善、認知症の予防、ダイエットや美肌効果など、
あなたも、亜麻仁油の効果に魅力を感じているのではないでしょうか?

テレビでその効果を知り、なんとなく飲み始めた人もいると思いますが、
亜麻仁油を飲んだことで、下痢になってしまう人も増えているようです。
腹痛の画像

亜麻仁油を飲んだ後に下痢になれば、副作用かな?と、心配になるものです。

そのまま怖くなって摂取を中断してしまう人もいるようですが、
ちょっと待ってください。

実は、亜麻仁油を飲んで下痢になった原因のほとんどは、過剰摂取なんです。

テレビでは、スプーン1杯など、イメージしやすい伝え方をすることが多いので、
正確な1日の摂取量がわからないまま飲んでしまいやすいです。

また、たくさん飲めば早く効果がでるかも!と思ってしまうことでも、
亜麻仁油を摂りすぎてしまうことが多いので、正しい摂取量を知る必要があります。

亜麻仁油で下痢になる理由

亜麻仁油は、今まで副作用の報告があったことはほとんどなく、
体にとても優しい油だと言われてきました。

しかし、亜麻仁油を飲んで下痢になれば、副作用があると思うのも当然。

たしかに、亜麻仁油を摂りすぎると下痢になる傾向があります。

ただ、下痢の症状は、亜麻仁油に限って起こるわけではなく、
油の過剰摂取で起こる症状とも言えます。
コールドプレスの画像

油を摂りすぎると、腸が驚いて、いつもより早く食べ物を外に出そうします。

その結果、便がやわらかくなり、下痢になってしまうのです。

ラーメンや天ぷらなど、油っこいものをたくさん食べた時にも、
下痢になってしまう人がいますが、これも同じ理由からです。

そのため、亜麻仁油をたくさん摂ると下痢になる!というよりは、
油をたくさん摂ると下痢になる!という方が、私は正しいと思います。

油の摂取量は1日15g、亜麻仁油は5gでOK!

亜麻仁油を飲み始めて、もし下痢の症状がでてしまった場合、
まずは、自分が1日どれだけ油を摂取していたか、確認してみましょう。

亜麻仁油の1日の上限量を15gと伝えている人もいますが、
そもそも、油の1日の摂取量は、大人でその15gが目安です。
食用油の画像

亜麻仁油以外の油は摂取していないと言うなら15g摂っても大丈夫ですが、
ほとんどの人は、他に油を使った食事もとっていると思います。

そのため、亜麻仁油の摂取量は小さじ1杯(5g程度)で十分なのです。

亜麻仁油に含まれる有効成分、オメガ3(αリノレン酸)の1日の摂取量も、
大人では3~4gが推奨されているので、5g以上摂るメリットもないと思います。
関連記事:えごま油と亜麻仁油の1日の摂取量を年齢別で調べてみた

量が少なすぎて、これで本当に効果があるの?と思うかもしれませんが、
大事なのは、少量でも継続して摂り続けることです。

下痢の症状がでるということは、体に何かしら負担がかかっている証拠です。

副作用かな?と思った時は、必ず摂取方法を見直してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す