亜麻仁油とオリーブオイルを比較!どちらが便秘に効果的?

亜麻仁油とオリーブオイルなら、どちらが便秘に効果的なの?
そんな疑問を解決するため、それぞれの特徴を徹底調査!
どれだけ差があるのか、亜麻仁油とオリーブオイルの違いをご紹介します。

スポンサーリンク


亜麻仁油とオリーブオイルの違いは?

最近、便秘やダイエットに効果的なオイルとして、
亜麻仁油とオリーブオイルを日常的に飲む人が増えています。

しかし、どちらがより効果的なのか、わからないと言う人もいて、
どちらで試すか、迷っている人も多いようです。

そこで今回は、亜麻仁油とオリーブオイルを徹底調査!
亜麻仁油とオリーブオイル

なぜ便秘に効くのか、特徴の違いを詳しく調べてみました。

すると、便秘に対して同等の働きがある部分と、
一歩抜き出た働きがある部分を見つけることができました。

亜麻仁油とオリーブオイル、どっちを飲んでみようか迷っている人は、
よければ参考にしてみてください。

亜麻仁油とオリーブオイル共通の効果は?

便秘の原因は、油不足だと言われることがあります。

油は太るイメージから、女性は特に控える傾向があるため、
気づかぬうちに油不足が原因で、便秘になるケースがあるのです。

油には、腸を活発にする働きがあります。

そのため、便秘にならないためにも毎日適度な油は必要なのです。
食用油の画像

その中でも、亜麻仁油とオリーブオイルは腸に良い働きがあり、
どちらも腸にいる便がスムーズに動く働きがあるオレイン酸を含んでいます。

また、オレイン酸には便を適度に軟らかくする働きもあるため、
カチコチの便がでやすい人には、よりおすすめの脂肪酸なんです。

しかし、オレイン酸の含有量に違いはあります。

亜麻仁油は、100gに約17%のオレイン酸を含んでいるのに対し、
オリーブオイルは100gに約74%も含まれています。

つまり、オリーブオイルの方が4倍以上のオレイン酸を含んでいるのです。

となると、オリーブオイルの方がいいように思えますが、
実は他にも大きな違いがありました。

亜麻仁油とオリーブオイルの大きな違いとは?

オレイン酸はオリーブオイルの方が多く含まれていましたが、
実は、亜麻仁油の方が多く含まれている脂肪酸があります。

それは、オメガ脂肪酸と呼ばれるαリノレン酸です。

αリノレンには、腸の働きを活発にする働きがあり
亜麻仁油に100gあたり約60%も含まれています。

オリーブオイルにはほとんど含まれていない脂肪酸のため、
より亜麻仁油の方が便秘に効果的といえそうです。

ただし、人により不足している脂肪酸は違うため、
オレイン酸不足の人には、オリーブオイルの方が効くこともあります。

ちなみに、1日の摂取量については、
亜麻仁油は小さじ1杯、オリーブオイルは大さじ1杯が適量となっています。
小さじ1杯の画像

1日の量で比べてみても、亜麻仁油の方がおすすめ度は高いですが、
使いやすさでいえば、オリーブオイルの方が勝っていると思います。

健康効果を感じるためには、どちらも2~3ヶ月は摂り続ける必要があるため、
まずは自分が続けやすいと思う方を選ぶのも良いと思います。

多く摂ればより効果が高くなる、というわけではないので、
摂取過多に気をつけて、適切な量をとっていくことをおすすめします。

あなたも毎日摂って、ぜひ快便を目指してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す