オメガ3で大人気!亜麻仁油とえごま油のαリノレン酸とは?

亜麻仁油とえごま油の人気に火がついた1番の理由は、
オメガ3と言われるα(アルファ)リノレン酸が多く含まれているからだと思います。
そこで、1日の摂取量や効果など、αリノレン酸について調べてみました。

スポンサーリンク


α(アルファ)リノレン酸とは

亜麻仁油やえごま油の栄養成分の表示欄を見てみると、
100g中50g~65g程度のαリノレン酸(オメガ3)が含まれていることが多いです。
seibun1

亜麻仁油とえごま油に約60%も含まれているαリノレン酸とは、どんな成分なのか?

αリノレン酸は、人間が作ることのできない必須脂肪酸のひとつで、
総称名のオメガ3(オメガ3脂肪酸)という言い方でも、注目されている成分です。

同じオメガ3脂肪酸である、青魚に多く含まれるDHAとEPAは、
αリノレン酸を原料として生産することもできます変換割合は10~15%程度
sakana1

基本的にαリノレン酸が含まれている食べ物がとても少ないため、
効率よく摂取するには、青魚か、やはり亜麻仁油・えごま油がおすすめです。

青魚の場合は、サバ・イワシ・マグロ・サンマ・ブリに多く含まれているものの、
毎日食べ続けるには、ちょっと難しいと思う人も多いのではないでしょうか?

亜麻仁油やえごま油は、安い油ではありませんが、αリノレン酸の含有量が多いため、
1日に必要な摂取量はごく少量で良く、コスパで考えれば、とても優秀なのです。

αリノレン酸の必要摂取量は、1日2g以上

普段、魚をあまり食べないと言う人は、αリノレン酸不足の疑いがあります。

αリノレン酸は、同じ必須脂肪酸であるリノール酸とのバランスがとても重要で、
リノール酸4に対して、αリノレン酸が1の割合が健康に良いと言われています。
関連記事:亜麻仁油とえごま油のリノール酸の含有量と効果・注意点

厚生労働省では、αリノレン酸の摂取量は、1日2~3g以上を推奨しています。
小さじ1杯の画像

基本的に亜麻仁油もえごま油も100g中60%程度のαリノレン酸が含まれている為、
1日の推奨摂取量は、小さじ1杯(5g程度)で良いということになります。
関連記事:えごま油と亜麻仁油の1日の摂取量を年齢別で調べてみた

毎日小さじ1杯で良いなら、続けやすいと思いませんか?

ただし、食べ物でリノール酸を摂り過ぎると、摂取バランスが崩れてしまうので、
ジャンクフードはなるべく控える心がけも、忘れないようにしましょう。

αリノレン酸の健康効果が凄い!

αリノレン酸の効果は、健康情報誌やテレビ番組でも紹介されるようになり、
うつ病の改善など、体だけでなく、心の病への効果もあることがわかってきました。
健康効果の画像

ここで、αリノレン酸の主な健康効果5つを紹介します。

  1. アトピー・花粉症など、アレルギー症状の緩和
  2. 血流の改善
  3. 悪玉コレステロールの減少
  4. ガンの予防(乳がん・肺がん・大腸がんなど)
  5. うつ病の改善・予防

その他にもさまざまな健康効果があると言われていますが、
この5つの効果だけでも、αリノレン酸を摂る必要性は十分あると思います。

尚、健康効果を感じるまでには、最低でも2~3ヶ月の継続が必要です。

1本150gの亜麻仁油やえごま油なら、小さじ1杯(5g程度)で約1ヶ月分なので、
2本使い切った頃から、効果を感じられるようになってくると思います。

αリノレン酸は意識した食生活で、健康レベルを上げてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す